森高夕次
著者のコラム一覧
森高夕次漫画家・漫画原作者

1963年、長野県生まれ。コージィ城倉のペンネームで89年「男と女のおかしなストーリー」でデビュー。原作を務める「グラゼニ」(「モーニング」連載中)は「お金」をテーマにした異色の野球漫画としてベストセラーに。

某球団と選手会事務所の大差に驚いた

公開日:  更新日:

 最近、プロ野球選手会の事務局を訪ねた。松原事務局長をはじめ、選手会の方々と話をした中で、印象的だったのがオールスターのことだった。

 今年の球宴は18日(西武ドーム)、19日(甲子園)に2試合が行われる。

 球宴の存在価値が問われて久しいけれど、ボクの理想はメジャーと同様の1試合制で、普段は試合が行われない地方都市でやるというもの。メジャーの開催地は30球団の持ち回りで希少性があり、それが価値を高めている。

 日本は交流戦も球宴の価値を下げる要因になっている。今の24試合は多いし、2連戦の変則日程で試合がない日が出るのは問題。開幕直後で順位への関心が高い時期だけに、できればリーグ戦が見たい。交流戦は1カード3連戦で計18試合を1年ごとにホームとビジターで相互開催する。交流戦を減らせば、球宴の値打ちも上がるはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る