ナショナルズと7年248億円 シャーザー「巨額契約」の中身

公開日:  更新日:

 今頃、笑いが止まらないことだろう。

 ナショナルズと7年総額2億1000万ドル(約248億円)で契約した13年のサイ・ヤング賞右腕マックス・シャーザー(30)。右腕ではメジャー史上最高額を手にするが、その巨額契約の中身が明らかになった。

 複数の米メディアが22日(日本時間23日)に報じたところによれば、基本給の他に手厚い表彰ボーナスが付いている。サイ・ヤング賞とナ・リーグMVP受賞で、それぞれ50万ドル(約5920万円)。両賞とも記者投票で2位に入れば25万ドル(約2960万円)、3位で15万ドル(約1776万円)、4位で10万ドル(約1184万円)、5位で7万5000ドル(約888万円)。

 ポストシーズンでの表彰にもボーナスが付いており、ワールドシリーズMVPで25万ドル、リーグ優勝決定戦MVPで10万ドル。オールスターとゴールドグラブ、シルバースラッガー賞に選出されれば、それぞれ10万ドルを手にする。他に、遠征の宿舎では球団がスイートルームを用意することが契約に盛り込まれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る