日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーFA目玉左腕レスター 「超大型契約」の気になる中身

 メジャーを代表する左腕の契約の詳細が明らかになった。今オフのFA市場の目玉であるカブスのジョン・レスター投手(30)のことだ。

 レスターは12日(日本時間13日)、カブスと正式に契約。当初は6年総額1億5500万ドル(約182億9000万円)で合意したと伝えられていた。が、実際には球団に選択権のある7年目(21年)も合わせれば総額は1億7000万ドル(総額約200億6000万円)以上に達するという。14日のAP通信など複数の米メディアが伝えている。

 契約には「サインニング・ボーナス」といわれる契約金3000万ドル(約35億4000万円)も盛り込まれており、レスターは4回の分割払いで受け取る。3000万ドルの契約金は06年オフにブルージェイズと6年総額1億2600万ドル(約148億6800万円)で契約したバーノン・ウェルズの2550万ドル(約30億900万円)を抜いてメジャー史上最高額だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事