• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー右腕最高額で合意のシャーザーが早くも“節税対策”

 メジャーで、またひとつ大型契約が誕生した。

 ナショナルズと7年契約で合意したマックス・シャーザー(30・前タイガース)の年俸が7年総額2億1000万ドル(約247億円)に達するという。19日(日本時間20日)「CBSスポーツ」(電子版)ら複数の米メディアがチーム関係者の話として伝えている。

 年俸総額2億1000万ドルは投手では、昨年1月にドジャースと契約延長したサイ・ヤング賞左腕のクレイトン・カーショウ(26)の7年2億1500万ドル(約253億円)に次ぐ巨額契約。右腕としては史上最高額だ。

 シャーザーは13年にレンジャーズ・ダルビッシュ、マリナーズ・岩隈とともにサイ・ヤング賞最終候補の3人に選ばれ、日本人投手2人を抑えて受賞した。昨季は33試合に登板し、18勝(5敗)で自身2度目の最多勝を獲得。シーズン終了後には前レッドソックスの左腕レスター(現カブス)、前ロイヤルズの右腕シールズとともにFA市場の目玉として動向が注目された。ナショナルズの他、ヤンキース、レッドソックス、レンジャーズなどが獲得に動いたといわれる。

 単純計算で年俸は約35億円。米メディアによれば、ナショナルズの本拠地がある首都ワシントンは所得税率が高いため、多くのメジャーリーガーが節税目的に住居を構えるフロリダ州に引っ越す予定だそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る