巨人と5年50億円契約 「アンダーアーマー」の“太っ腹戦略”

公開日:  更新日:

“球界の黒船”と“盟主”が手を組んだ。

 来季からユニホームを担当する米アンダーアーマー社の日本での販売権を持つドーム社と、19年まで5年総額50億円の大型契約を結んだ巨人。今季まで9年間、契約していたアディダス社も1年10億円といわれ、「アンダーアーマーが新たに契約するんだから、アディダスより高い額なのでは?」とささやかれるほど、最近の同社は破竹の勢いを誇っている。

 巨人では阿部、沢村、他球団ではオリックスの金子、糸井、ソフトバンクの松田、柳田ら、一流どころ計13人が同社と契約。それだけに飽き足らず、担当者は「宣伝効果でいえば、侍ジャパンの主力級全員と関係を結ぶのが理想。露出度を考えると、巨人の選手にももっと使って欲しい」と球界のシェア拡大を狙っている。国内某メーカー担当者がこう嘆く。

「巨人のエース格の菅野がターゲットの一人みたい。菅野はミズノと契約しているが、練習用ウエアなどを“試供品”という形で支給されている。アンダーアーマーは契約していなくても、これという選手には大量に商品を用意する。グラブなどの用具にこだわりがある選手が多い野手に比べ、投手の方がデザイン性などを重視して契約メーカーをあっさり変更することが多い。阿部を皮切りに沢村もミズノから変更しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る