巨人と5年50億円契約 「アンダーアーマー」の“太っ腹戦略”

公開日: 更新日:

“球界の黒船”と“盟主”が手を組んだ。

 来季からユニホームを担当する米アンダーアーマー社の日本での販売権を持つドーム社と、19年まで5年総額50億円の大型契約を結んだ巨人。今季まで9年間、契約していたアディダス社も1年10億円といわれ、「アンダーアーマーが新たに契約するんだから、アディダスより高い額なのでは?」とささやかれるほど、最近の同社は破竹の勢いを誇っている。

 巨人では阿部、沢村、他球団ではオリックスの金子、糸井、ソフトバンクの松田、柳田ら、一流どころ計13人が同社と契約。それだけに飽き足らず、担当者は「宣伝効果でいえば、侍ジャパンの主力級全員と関係を結ぶのが理想。露出度を考えると、巨人の選手にももっと使って欲しい」と球界のシェア拡大を狙っている。国内某メーカー担当者がこう嘆く。

「巨人のエース格の菅野がターゲットの一人みたい。菅野はミズノと契約しているが、練習用ウエアなどを“試供品”という形で支給されている。アンダーアーマーは契約していなくても、これという選手には大量に商品を用意する。グラブなどの用具にこだわりがある選手が多い野手に比べ、投手の方がデザイン性などを重視して契約メーカーをあっさり変更することが多い。阿部を皮切りに沢村もミズノから変更しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る