日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日韓「遊撃手」メジャーで明暗 パ軍入り姜正浩と鳥谷どこで差

 メジャーの移籍市場で日韓の遊撃手2人が明暗を分けた。

 韓国プロ野球ネクセンからポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた韓国の「A・ロッド」こと姜正浩内野手(27)が12日(日本時間13日)、独占交渉権を得たパイレーツと4年総額1600万ドル(約19億2000万円)で合意(入札金は約6億円)。パイレーツは姜を正遊撃手として起用する見込みだ。

 一方、鳥谷敬(33)は阪神から海外FA権を行使しながら、好条件は提示されず、メジャー移籍を断念した。

 姜も鳥谷も同じ遊撃手だ。鳥谷は年齢的に選手として下り坂に差し掛かっているとはいえ、日韓の遊撃手2人にここまで差がついたのはどういうわけか。

 さるナ・リーグのスカウトがこう解説する。

「姜は身体能力が高い上に守備も堅実。鳥谷は姜と比べてもフィールディングでは遜色はないが、決定的なのは肩の違いです。鳥谷はここ数年、肩が弱くなっており、スローイングに不安を抱えるようになった。それに姜は12、13年、2ケタ盗塁をマークするなど、機動力も兼ね備えている。年齢はもちろん、身体能力とスピードの差は決定的です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事