満身創痍でも国別対抗戦に駆り出される羽生結弦の“本音”

公開日:  更新日:

 フィギュアスケーターも楽じゃない。

 日本スケート連盟は昨31日、団体戦で争う国別対抗戦(16~19日=代々木第一体育館)の出場選手を発表。ソチ五輪金メダリストで先の世界選手権(中国・上海)で銀メダルを獲得した羽生結弦(20)、宮原知子(17)ら男女4人がエントリーされた。

 世界選手権で日本人初の連覇を逃した羽生は「負けたイメージのままシーズンを終わりたくなかった。悔しさをぶつけられる舞台で自分の滑りをしたい」とシーズンを締めくくる国際大会でのメダル取りを誓った。今季、躍進した宮原も「自分の演技をしてチームに貢献したい」と話したが、本音かどうかは疑わしい。

 この国別対抗戦は国際スケート連盟(ISU)が主催する唯一の団体戦。世界ランキング上位6カ国で争われ、各選手が高得点をマークした場合はシーズンベストとして認められるものの、公式記録からは除外される。毎回、シーズンオフの4月に行われるため、日本に限らず出場選手の多くが真剣勝負とは無縁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る