満身創痍でも国別対抗戦に駆り出される羽生結弦の“本音”

公開日:  更新日:

 フィギュアスケーターも楽じゃない。

 日本スケート連盟は昨31日、団体戦で争う国別対抗戦(16~19日=代々木第一体育館)の出場選手を発表。ソチ五輪金メダリストで先の世界選手権(中国・上海)で銀メダルを獲得した羽生結弦(20)、宮原知子(17)ら男女4人がエントリーされた。

 世界選手権で日本人初の連覇を逃した羽生は「負けたイメージのままシーズンを終わりたくなかった。悔しさをぶつけられる舞台で自分の滑りをしたい」とシーズンを締めくくる国際大会でのメダル取りを誓った。今季、躍進した宮原も「自分の演技をしてチームに貢献したい」と話したが、本音かどうかは疑わしい。

 この国別対抗戦は国際スケート連盟(ISU)が主催する唯一の団体戦。世界ランキング上位6カ国で争われ、各選手が高得点をマークした場合はシーズンベストとして認められるものの、公式記録からは除外される。毎回、シーズンオフの4月に行われるため、日本に限らず出場選手の多くが真剣勝負とは無縁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る