満身創痍でも国別対抗戦に駆り出される羽生結弦の“本音”

公開日: 更新日:

 フィギュアスケーターも楽じゃない。

 日本スケート連盟は昨31日、団体戦で争う国別対抗戦(16~19日=代々木第一体育館)の出場選手を発表。ソチ五輪金メダリストで先の世界選手権(中国・上海)で銀メダルを獲得した羽生結弦(20)、宮原知子(17)ら男女4人がエントリーされた。

 世界選手権で日本人初の連覇を逃した羽生は「負けたイメージのままシーズンを終わりたくなかった。悔しさをぶつけられる舞台で自分の滑りをしたい」とシーズンを締めくくる国際大会でのメダル取りを誓った。今季、躍進した宮原も「自分の演技をしてチームに貢献したい」と話したが、本音かどうかは疑わしい。

 この国別対抗戦は国際スケート連盟(ISU)が主催する唯一の団体戦。世界ランキング上位6カ国で争われ、各選手が高得点をマークした場合はシーズンベストとして認められるものの、公式記録からは除外される。毎回、シーズンオフの4月に行われるため、日本に限らず出場選手の多くが真剣勝負とは無縁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る