もこみちも羽生も織田も…増殖する「女子力男子」って?

公開日: 更新日:

「女子力男子」なる言葉をご存じだろうか。料理や美容など従来女子の領域とされたジャンルで自分磨きを図り、女子力を身に付けた男性のことだ。最近、20代を中心にこの女子力男子が急増中なのだという。著書「女子力男子」で彼らの生態を解説している博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー・原田曜平氏に聞いた。

「一口に女子力男子といってもさまざまなタイプがいます。化粧水やパックで肌の手入れにこだわる『ビューティー男子』や、スイーツの食べ歩きが趣味の『スイーツ男子』、ぬいぐるみを愛する『ぬいぐるみ男子』などジャンルは多岐にわたります」

 芸能界でも女子力男子は増えている。その代表格ともいえるのが、情報番組でシェフ顔負けのおしゃれな料理を披露している速水もこみちだ。

「キス&クライでディズニーキャラクターのぬいぐるみを抱く姿が話題になっているフィギュアスケートの羽生結弦選手は、ぬいぐるみ男子。同じくフィギュアの織田信成選手は、最新のパンケーキ店のチェックを欠かさず、自分でも華やかなパンケーキを作るなど女子顔負けのスイーツ男子なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  5. 5

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

  8. 8

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  9. 9

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  10. 10

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る