満身創痍で世界選手権銀の羽生結弦 想像以上に深刻な“病状”

公開日:  更新日:

 28日の男子フィギュアスケート世界選手権で2位に終わった羽生結弦(20)。ショートでは首位に立ったものの、フリーでは冒頭の4回転ジャンプを連続ミスするなど、本来の調子とは程遠い内容だった。

 昨年11月の中国杯での他選手との激突や、翌月の腹部手術、さらには1月の右足首捻挫による練習不足などが重なって調子が上がらなかったと言われる羽生。中でも厄介なのが、昨年12月に手術を受けた「尿膜管遺残症」だという。

 尿膜管とは、生まれた時に付いているへその緒と膀胱をつなぐ管のこと。本来ならこの管は生後、自然になくなっていく。羽生は昨年末、この管が体内に残存していることで腹痛を誘発していたことが判明。すぐに緊急手術で除去したが、患部の異常や後遺症などが残る可能性があるというのだ。フィギュア選手にとって下腹部はジャンプの際に最も力を入れる重要な部分。そこに不安を抱えるとなれば、本来の精度の高いジャンプに影響が出ると心配されているのである。

 連覇を狙う18年の平昌五輪まで3年。時間が解決してくれればいいのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る