羽生が連覇も…ライバル不在のGPファイナル盛り上がらず

公開日:  更新日:

 なぜか盛り上がりに欠ける大会だった。

 フィギュア男子のグランプリ(GP)ファイナルは、ショートプログラム(SP)で首位に立った羽生結弦(20)が、フリーもトップで大会連覇を果たした。

 今季世界最高得点で日本男子初のグランプリ・ファイナル連覇を達成した羽生は、「優勝よりも自分の演技ができたことの方がうれしい。ほぼ完璧だった」と言ったが、ソチ五輪での金メダルが衝撃的だっただけに、GPファイナルの優勝ぐらいではファンの感動もいまひとつだったのかもしれない。フリー演技の放送が録画だったこともある。

 今大会は男女とも、GP6大会の成績上位6人しか出場できないGPの「ラストショー」。日本からは、女子の本郷理華(18=6位)、男子は羽生、無良崇人(23=5位)に町田樹(24=6位)と、男女計4人も出場。羽生が一人気を吐いた格好だが、日本人を含むライバルたちが不甲斐ない。浅田真央(24=休養中)や高橋大輔(28=昨季で引退)ら、華のあるスターもいないから、注目度もガタ落ちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る