日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

中畑さんの一言で松井秀喜の「専属運転手」になりました

 2005年のシーズン限りで引退してから、今年でちょうど10年が経ちます。33歳でユニホームを脱ぐまで、巨人一筋15年。いろいろな方にお世話になりました。きょうからこの紙面を借りて、自分の野球人生を振り返ってみようと思いますが、まずは今季のセ・リーグを大いに盛り上げている、首位・DeNAを率いる中畑清監督(61)のことから始めましょう。

 出会いは22年前。長嶋監督の復帰とともに、中畑さんが打撃コーチに就任された93年です。僕は入団3年目でした。

 前年の92年に初めて一軍昇格を果たして34試合に出場。一軍定着の足がかりをつかもうというときに、課題だった打撃面の直属の上司になられたのが中畑さんでした。

「大介、頼むぞ」

 関係が濃密になったのは、中畑さんのこの一言がきっかけです。なにを頼まれたのかというと、この年に鳴り物入りで入団したルーキー松井秀喜の送り迎えでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事