父は転勤族…虎ドラ1高山を育てたのは“鬼軍曹”の母だった

公開日:  更新日:

 中学時代、陸上200メートルで千葉県4位になった運動神経は父親譲りのようだ。

「小さい頃からすばしっこくて、投げる球も速いし、コントロールも良かった。センスはあったようです。ただ私が小中とサッカーをやっていたので、野球ではなくサッカーをしてもらいたかった(笑い)。体がでかいのは、間違いなく私の遺伝子ですが、それ以外は何でって思うところばかりです」(辰雄さん)

 俊と一緒にキャッチボールを楽しんだのも小学校5年まで。単身赴任生活ということもあり、父と子はなかなか同じ時間を過ごすことができなかった。

「久しぶりに会うたびに体が大きくなっていてビックリしました。単身赴任でそばにいてやれなかった分、母親が父親代わりになって厳しく育ててくれました。水泳教室でみっともない記録を出すと、車に乗せず『ひとりで歩いて帰りなさい』と叱ったり、片付けや食事の仕方、礼儀作法など、躾だけは厳しくしたつもりです」(辰雄さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る