父は転勤族…虎ドラ1高山を育てたのは“鬼軍曹”の母だった

公開日:  更新日:

 阪神のドラフト1位・高山俊(22)の父・辰雄さん(50)は東京・足立区生まれ。小学校、中学校とサッカー部に所属し、中学時代はセンターバックとして区の大会で準優勝した。都立白鴎高校に進学するも、サッカー部が弱小だったため、社会人チームに所属するかたわら、187センチの長身を買われてバレーボール部と柔道部を掛け持ち。高校卒業後は日大経済学部に進み、大手証券会社に就職した。

 いわゆる転勤族で、妻の由美子さん(46)とは最初の赴任先、福井支店で出会い、約2年間の交際を経て、26歳で結婚した。次に赴任した松本支店勤務の時、長男・俊が生まれた。

 その後、和歌山、都内・亀戸、大阪・豊中、そして都内・五反田に転勤になり、もともと住んでいた船橋市内に38坪の土地を購入。5LDKの一戸建て住宅を新築した。現在は高松に単身赴任中だ。

 俊が野球を始めたのは、船橋に住んでいた小学校1年生の時。近所の公園で辰雄さんとキャッチボールをしていたところ、地元少年野球チームの指導者の目に留まり、スカウトされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る