• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム1位・上原 運動万能夫婦に育まれた“豪脚”誕生秘話

「とにかく運動能力の高い子です」

 日本ハム・ドラフト1位の上原健太(21)について聞くと、広陵高(広島)の中井監督、明大の善波監督が口をそろえた。

 190センチ、85キロ。恵まれた体格から繰り出すストレートは151キロ。50メートルは5秒7で走る。

「私も女房もどちらもジャンプ力があって、足が速かった。ウチは体育一家。瞬発力は速い球を投げる上でも重要だと思いますから」

 こう話す父・健さん(55歳、176センチ)は沖縄県うるま市出身。現在、県立与勝高校の体育科教諭で野球部長。読谷高、西原高などで野球部監督を務め、中日の右腕・又吉は西原高監督時代の教え子だ。

 自身も前原高では三塁手。100メートルを11秒台で走り、陸上の代表として県大会に出場経験がある。進学した国士舘大学体育学部ではシステム上、硬式野球部への入部はかなわず、ソフトボール部に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事