西武1位・多和田の地元はドラフト当日“住民総出”で大宴会

公開日:  更新日:

「昔は小学校、中学校、高校にそれぞれ子供がいて、全員が野球をしていましたからね。休日は試合が重なるから、グラウンドへの送り迎えは妻と手分けしてやっていた。大変だったけど、それがなくなると寂しいもんです。真三郎が富士大学に進学した後は、『休みの日は何をするか』なんて妻と話したもんです」

 こう話すのは西武ドラフト1位・多和田真三郎(22)の父・真次さん(57)だ。

 多和田は3兄弟の末っ子。長男の真一郎さん(28)は沖縄県内で就職、次男の真太郎さん(26)は地元中城村の役場に勤めており、いずれも結婚して家を出ている。

 鉄骨工事業を営む真次さんが主に行っているのが、鉄骨のドブ漬け。溶かした亜鉛を鉄骨に塗り、サビを防止する作業のこと。

「400度の高熱で亜鉛を溶かすわけですからね。ただでさえ沖縄は暑いですから、夏は大変ですよ。工場勤務? まあ、立ち会いの業者のようなものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る