鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

バレンタイン「駐日大使候補報道」ににんまり

公開日: 更新日:
元ロッテ監督として日本ではおなじみ(C)日刊ゲンダイ

 米国次期大統領のドナルド・トランプは慣例や常識にとらわれない言動で世界の注目を集めている。

 記者会見を開かずツイッターを利用して自らの意見を表明したり、米中外交の基本であった「一つの中国」の原則に疑問を投げかけて台湾との関係の強化を示唆するなど、…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  6. 6

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  7. 7

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る