大谷に朗報 マイナーの二刀流が完全復活した新手術の中身

公開日: 更新日:

 右肘靱帯の部分断裂で故障者リスト(DL)入りしているエンゼルス・大谷翔平(23)に朗報である。

 ここ数年、大リーグでは損傷や断裂した肘の靱帯を修復する方法として、従来のトミー・ジョン(TJ)に代わる新たな手術法が脚光を浴びているからだ。

 大谷は7日(日本時間8日)に自身の体内から摂取した血小板を使用して壊れた組織の修復や再生を図る「PRP注射」を受けた。今後はボールとバットを握らず、3週間以内に再検査を行い、最終的な治療方針を決める。最悪の場合、肘にメスを入れ、復帰までに1年以上を要することになる。本人、チームにとっても痛手だが、新手術を受ければ復帰までの期間を6~7カ月に短縮できるという。

 この手術はアラバマ州バーミングハムのスポーツドクターであるジェフリー・デュガス医師らが開発。2016年8月に初めて受けた投手にちなんで「セス・メイネス手術」といわれる。手術法は傷んだ内側側副靱帯を縫合し、人工テープ(ウルトラ・コラーゲン・コーテッド・テープ)と、人工ビス(ピーク・コルクスクリューアンカー)で補強。損傷した靱帯を除去して、新たに他の箇所から移植するTJ手術とは異なり、靱帯を修復するものだ。16年3月に行われた米国整形外科アカデミーで初めて治療実績が報告され、この手術を受けたアマチュア選手は復帰後、2シーズン続けて高いパフォーマンスを発揮したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚