手術のダルは1年を棒に 大谷「右肘部分断裂」で今季絶望も

公開日: 更新日:

 エンゼルスは8日(日本時間9日)、大谷翔平(23)を右肘の内側側副靱帯の部分断裂で10日間の故障者リスト(DL)に入れたと発表。7日にロサンゼルス市内の病院で、自身の体内から摂取した血小板を使用して壊れた組織の修復や再生を図る「PRP注射」と言われる治療を受けた。

 大谷は6日のロイヤルズ戦に登板し、4回を4安打1失点で降板。試合後、ソーシア監督は「まめの兆候があった」と明かしたが、単に指の皮がむけただけではなく、想像以上に重症だった。

 大谷は8日からの敵地ミネアポリスでのツインズ3連戦には同行せず、今後3週間はノースローで調整。3週間以内に再検査を行って、今後の治療方針を決めるという。

 昨オフ、日本ハムからポスティングシステムを使って移籍した大谷は、投手で9試合に先発して4勝1敗、防御率3・10。打者では34試合で打率2割8分9厘、6本塁打、20打点。投げてはメジャーの先発投手で、今季最速の101・1マイル(約163キロ)を記録。打っては昨季のア・リーグ本塁打王のヤンキース・ジャッジと並ぶ飛距離156メートルの特大弾。オールスター(7月17日=ワシントン)のファン投票では「DH」としてノミネートされており、MLB推薦で選出される投手との二刀流での出場に注目が集まっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る