先輩ダルにも焦り 大谷の“プラス思考”が生む見えない重圧

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)が強烈な当たりで打線を活気づけた。

 3日(日本時間4日)のレンジャーズ戦は「5番・DH」でスタメン出場し、3打数1安打1得点、1三振。

 前日の6番から打順が繰り上がった大谷は二回の第1打席で、ベテラン右腕フィスター(34)の内角変化球を強振。一塁線への球速163キロの鋭い打球はグズマンのグラブをはじいた。大谷の一塁内野安打を足がかりに打線がつながり、チームは3連打で2点を先制した。

 2戦ぶりの安打で先制のホームを踏んだが、後が続かなかった。四回は中飛に打ち取られると、七回の第3打席は変則左腕クラウディオの変化球に苦戦。最後は外角の低めの球に手が出ず、3球で見逃し三振に倒れた。

■どんなときも前向き

 左投手への課題は残したままだが、それにしても大谷は究極のプラス思考の持ち主だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る