“二刀流”大谷をフル回転起用 エ軍指揮官の計算と落とし穴

公開日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)が、また右手中指に泣いた。

 今季9試合目の登板となった6日(日本時間7日)のロイヤルズ戦は4回を4安打1失点、4奪三振。五回に備えて一度はマウンドに立ったが、右手中指にマメができたため、ソーシア監督から交代を告げられた。

 指揮官は大谷の患部について「(マメの)兆候が見られたので、続投させなかった。前回ほど状態は悪くない」と説明。

 次回登板については「状態を見てからになるが、多くの選択肢がある」と明言は避けた。

 大谷は4月17日のレッドソックス戦でも、マメが原因で降板。2回でマウンドを降り、メジャー初黒星を喫した。その後は通常の起用が続き、DHで4試合出場し、中6日で同24日のアストロズ戦に登板している。そのときに比べて「状態が悪くない」となれば心配ないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る