“二刀流”大谷をフル回転起用 エ軍指揮官の計算と落とし穴

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)が、また右手中指に泣いた。

 今季9試合目の登板となった6日(日本時間7日)のロイヤルズ戦は4回を4安打1失点、4奪三振。五回に備えて一度はマウンドに立ったが、右手中指にマメができたため、ソーシア監督から交代を告げられた。

 指揮官は大谷の患部について「(マメの)兆候が見られたので、続投させなかった。前回ほど状態は悪くない」と説明。

 次回登板については「状態を見てからになるが、多くの選択肢がある」と明言は避けた。

 大谷は4月17日のレッドソックス戦でも、マメが原因で降板。2回でマウンドを降り、メジャー初黒星を喫した。その後は通常の起用が続き、DHで4試合出場し、中6日で同24日のアストロズ戦に登板している。そのときに比べて「状態が悪くない」となれば心配ないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る