小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

大阪桐蔭 2度目の春夏連覇は打撃技術と巧みな調整力の賜物

公開日: 更新日:

 大阪桐蔭の史上初となる2度の春夏連覇に頭が下がる思いだ。開幕前、優勝確率は60%とみていたが、終わってみれば危なげなかった。

 この試合に彼らの技術が結集されていた。三回に藤原がフォークを右手一本で拾って二塁打にした。3-1の四回に飛び出した宮崎の左翼への3ランは、内角高めの140キロの直球に対して左手をうまくたたみ、バットのヘッドを走らせた。五回の根尾のバックスクリーンへの2ランは、後ろ側の左手で強く押し込んでいるから打球が飛ぶ。

 大阪桐蔭の打撃は、トップの位置からコンパクトに振る。バットを内側から出すスイングを徹底しており、各校は手本にするべきだ。

 1、2回戦の動きは重そうに見えた。聞くところによると、試合前日も自校のグラウンドでみっちり練習をしていたという。甲子園の序盤、選手は疲労を溜めた状態で戦っていたことになる。2回戦以降、徐々に練習量を落とし、準々決勝にピークを持ってくれば決勝まで乗り切れる。準々決勝の浦和学院戦が一番のヤマとみていたが、状態がピークの大阪桐蔭が強豪相手に覚醒し、11-2と快勝。西谷監督の手腕は見事だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る