小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

大阪桐蔭 2度目の春夏連覇は打撃技術と巧みな調整力の賜物

公開日: 更新日:

 大阪桐蔭の史上初となる2度の春夏連覇に頭が下がる思いだ。開幕前、優勝確率は60%とみていたが、終わってみれば危なげなかった。

 この試合に彼らの技術が結集されていた。三回に藤原がフォークを右手一本で拾って二塁打にした。3-1の四回に飛び出した宮崎の左翼への3ランは、内角高めの140キロの直球に対して左手をうまくたたみ、バットのヘッドを走らせた。五回の根尾のバックスクリーンへの2ランは、後ろ側の左手で強く押し込んでいるから打球が飛ぶ。

 大阪桐蔭の打撃は、トップの位置からコンパクトに振る。バットを内側から出すスイングを徹底しており、各校は手本にするべきだ。

 1、2回戦の動きは重そうに見えた。聞くところによると、試合前日も自校のグラウンドでみっちり練習をしていたという。甲子園の序盤、選手は疲労を溜めた状態で戦っていたことになる。2回戦以降、徐々に練習量を落とし、準々決勝にピークを持ってくれば決勝まで乗り切れる。準々決勝の浦和学院戦が一番のヤマとみていたが、状態がピークの大阪桐蔭が強豪相手に覚醒し、11-2と快勝。西谷監督の手腕は見事だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  9. 9

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る