史上初2度目の春夏連覇 大阪桐蔭支える“ナンバー2”の存在

公開日: 更新日:

 21日の決勝で金足農(秋田)を下し、史上初2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭(北大阪)。

 ここ10年で春夏合わせて7度の全国制覇を誇るぶっちぎりの強さの陰に、有友茂史部長(54=顔写真)の存在がある。天理高、天理大を経て前身の大産大高大東校舎に赴任。1988年に校名が大阪桐蔭に変更になった当初からチームに携わっている。

 スポーツライターの美山和也氏がこう言う。

「西谷監督(48)が選手をスカウトして育成して采配してと、全て一人でやっているわけでは、もちろんありません。最近は、コーチでもある有友部長がU15日本代表のセレクションなどに顔を出し、有望中学生の発掘、スカウトで敏腕ぶりを発揮している。チームを救う眼力にも定評があります」

 あと1死で敗戦という窮地に追い込まれた北大阪大会準決勝の履正社戦。今まで一度も登板がなかった外野手を先発させたライバルの「奇襲」が苦戦の要因とされる。だが、ここにも有友部長の「眼力」が生かされていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  7. 7

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

もっと見る