史上初2度目の春夏連覇 大阪桐蔭支える“ナンバー2”の存在

公開日:

 21日の決勝で金足農(秋田)を下し、史上初2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭(北大阪)。

 ここ10年で春夏合わせて7度の全国制覇を誇るぶっちぎりの強さの陰に、有友茂史部長(54=顔写真)の存在がある。天理高、天理大を経て前身の大産大高大東校舎に赴任。1988年に校名が大阪桐蔭に変更になった当初からチームに携わっている。

 スポーツライターの美山和也氏がこう言う。

「西谷監督(48)が選手をスカウトして育成して采配してと、全て一人でやっているわけでは、もちろんありません。最近は、コーチでもある有友部長がU15日本代表のセレクションなどに顔を出し、有望中学生の発掘、スカウトで敏腕ぶりを発揮している。チームを救う眼力にも定評があります」

 あと1死で敗戦という窮地に追い込まれた北大阪大会準決勝の履正社戦。今まで一度も登板がなかった外野手を先発させたライバルの「奇襲」が苦戦の要因とされる。だが、ここにも有友部長の「眼力」が生かされていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る