DeNAラミレス監督「再就職先確保」奔走でまさかの電話攻勢

公開日: 更新日:

「もしもし、ラミレスです」

 そんな電話が複数の球界関係者にかかってきているという。今季限りでDeNAを退団することが決まったアレックス・ラミレス監督(46)からの退任挨拶――と思ったら、電話の本題はそうではないらしい。

「昨年1月に念願の日本国籍を取得したラミレス監督は、2015年に再婚した日本人女性との間には5歳になったばかりの子供がいる。引き続き日本球界で指導者としてユニホームを着たい意向が強く、そのために本人や関係者が他球団に再就職の売り込みを行っているのです。DeNAがアドバイザー的なポストを用意するという報道もありましたが、本人は現場の指導者にこだわっています」

 とは、球界関係者だ。

 16年にDeNAの監督に就任して以降、チームは3位、3位、4位、2位とリーグ制覇は果たせず、優勝候補に挙げられた今季も現在4位ですでにBクラスが確定している。「8番・投手」など独自の用兵、采配に対する批判も少なくなかったが、その一方で選手の能力を見抜く眼力には定評がある。メジャーに移籍した筒香(レイズ)に代わる4番に抜擢した佐野が打率・328、20本塁打、69打点と大ブレークし、首位打者に立っているのが好例だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る