山田哲争奪戦!最長7年40億円提示でソフトBに挑む燕の勝算

公開日: 更新日:

 国内FA権を取得したヤクルト山田哲人(28)の周囲が騒がしくなってきた。

 残留交渉を進めるヤクルトは、山田に最長7年、総額40億円規模の条件を準備。球団史上最高の破格契約といっていい。

 もっとも、山田本人はヤクルトに残留するにせよ、FA権を行使するとみられ、他球団との争奪戦は必至だ。なかでも、山田に強い関心を示しているのがソフトバンクだという。二塁のレギュラーが不在で、補強ポイントになっているためだ。セ球団の編成担当が言う。

「7年契約といえば、ソフトバンクの柳田や楽天の則本と同じ球界最長で、1年ごとの年俸は今季5億円から、5・5億~6億円ほどにアップする形でしょう。ソフトバンクより資金力に劣るヤクルトは、年俸総額より契約年数で勝負に出たわけです。山田が今後、メジャー挑戦の意向を持った場合、それを容認する可能性もある。争奪戦の相手となるソフトバンクの柳田と同等の契約年数を用意することで、山田のプライドにも配慮したはず。とはいえ、山田にはすでに代理人もついている。12球団トップクラスの資金力を持つソフトバンクが本気で獲得に乗り出せば、少なくともヤクルト以上の年俸を提示するのは間違いない。年俸7億円、5年総額35億円はくだらないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る