ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

公開日: 更新日:

 Aクラス入りも危うくなってきた。

 強力打線を武器に、開幕前は「打倒巨人の筆頭候補」なんて言われたDeNAが、11日の敗戦で4位に転落。チーム内でも、今季で1年契約が切れるアレックス・ラミレス監督(46)の“クビ”が公然と囁かれるようになった。

「チーム打率はリーグトップで、本塁打数は巨人に次ぐ2位。それでいて4位Bクラス。選手の打撃力は互角でも、総得点で巨人と27点の開きがあるなど、采配の差、監督の差という評価に反論できません」(球団OB)

 今オフの監督交代は確実、後任は三浦大輔二軍監督(46)というのが既定路線だ。昨オフに主砲の筒香がメジャーに移籍したチームは今オフ、ロペス(36)、オースティン(29)、ソト(31)の助っ人野手3人衆の契約問題に直面する。その去就によっては、「ハマの番長」も厳しい船出になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る