阪神にスタンドから怒号…球児引退試合で拙守貧打の赤っ恥

公開日: 更新日:

 球界の重鎮、広岡達朗氏は「選手のデキが悪いのは、教育が悪いから。選手が失敗するのは、コーチがしっかり教えていないからです。すべては指導者の責任」と言っている。弱小だったヤクルト西武を優勝に導いた名将はその後、ロッテで日本球界初のGMに就任して辣腕をふるったが、今の阪神に「広岡監督」「広岡GM」がいたら、守備コーチは上から下まで全員クビではないか。

 今季最後の巨人戦となった10日の試合も、拙守で幕を開けた。

 初回の1死一、二塁。ここで4番の岡本に二ゴロを打たせた先発の青柳は、「よしっ、併殺だ」と思ったろう。しかし、そうはならないのが、阪神のヘボ守備陣だ。二塁ベース寄りのゴロを小幡が絵に描いたようなトンネル。リーグワーストを独走するチーム85失策目がこの日も失点につながった。

「85失策はセのワーストどころか、12球団のワースト(最少は巨人の42失策)。しかも、守乱は今年に限った話ではなく、昨年は12球団で唯一となる3ケタの102失策だからね。もっと言えば、失策数はこれで3年連続リーグワースト。これほどまでに課題がハッキリしているのに、まったく改善されていない。にもかかわらず、阪神は清水ヘッドコーチを二軍に降格させるだけで、一軍に3人もいる久慈、藤本、筒井の守備コーチはおとがめなし。来季も留任するというんだから、考えられないよ」とは、阪神OB。

 続けて、「来季3年目を迎える矢野内閣が小幅改造で済みそうなのは、矢野監督がやりやすいように、という球団の配慮だなんて見方も出ている」というから、OBが呆れるのも無理はない。

 初回の失策に、甲子園のスタンドから怒号が飛んだそうだが、当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る