ロッテの突破口になるか…ソフトBがCSで抱える“2つの重圧”

公開日: 更新日:

 負けられないという気持ちが仇をなすかもしれない。

 14日から始まるパのCS。1位通過のソフトバンクはこれまで天敵だったロッテに、10月以降は7勝2敗。今季の対戦成績は11勝12敗1分けと、大きく巻き返した。

 しかし、完全に苦手意識が払拭できたかといえば、そうでもなさそうだ。

 両球団の対戦成績で、顕著なのが四死球の数だ。今季、ロッテ投手陣がソフトバンクに与えた四死球は64(62四球、2死球)。一方、ソフトバンク投手陣はロッテに126四死球(111、15)と、その数は2倍近い。しかも、ソフトバンクが大きく勝ち越した10月以降の対戦でも、四死球の数はロッテが19、ソフトバンクが31。依然として、投手陣が苦手意識を持っていることは間違いなさそうだ。

 さらにソフトバンクは「守りの意識」も懸念される。ここ2年間は挑戦者として2位からCSを突破し、日本シリーズ連覇。それが今季は3年ぶりにペナントを制覇した。ソフトバンクのチームスタッフが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る