楽天・仰天人事の真相 石井GM兼任監督はブーイングで誕生

公開日: 更新日:

 仰天人事だ。楽天は12日、石井一久ゼネラルマネジャー(GM=47)が来季から監督を兼任することを発表した。

「取締役GM兼監督」として編成、現場を取り仕切る全権を握ることになった石井新監督はオンラインでの就任会見で、「やっぱり中途半端になるんじゃないか。しっかり責務を果たせるのか」と言いつつ、「チームの一番核になる職。しっかり向き合っていく覚悟を持つこと、そこに向けて準備をどうしていくか」と意欲を語った。

 三木肇監督(43)は二軍監督へ配置転換となる。

 三木監督就任1年目の今季、チームはスタートダッシュに成功。7月9日時点で貯金8と首位を快走していたが、同25日に首位から陥落すると、以降はズルズルと後退。55勝57敗8分け、借金2の4位で昨季の3位から順位を落とし、2年ぶりのBクラスでシーズンを終えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る