エンゼルスは育成に舵…新GMが大谷の「二刀流」を見切る日

公開日: 更新日:

「彼は投打ともできるし、才能あふれるプレーを見るのを待ち切れない」

 こう言ったのはエンゼルスの新たなGMに就任したペリー・ミナシアン(40)。「彼」とは大谷翔平(26)のことだ。新GMの発言を受けてスポーツマスコミは「大谷の二刀流に追い風」と騒いでいるが、本当に「追い風」か。

 エンゼルスは前GMのビリー・エプラーを解任後、カルピーノ球団社長が来季も大谷の二刀流を継続させると明言している。仮にミナシアンGMが大谷の二刀流に反対だとしても、球団社長の発言をいきなりひっくり返すはずがない。

 ミナシアンGMは2003年から、レンジャーズのスカウト。09年にブルージェイズへ移籍、17年からブレーブスのアンソポロスGMの下でGM補佐を務めていた。

「ミナシアンGMはドラフトや選手育成に定評のある人物。エンゼルスが補強より生え抜きの選手育成に舵を切ったということです。これまでのチーム方針を見直したわけで、選手の能力の評価や勝つことに関してはいよいよシビアになります」と、野球文化学会会長で名城大准教授の鈴村裕輔氏はこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る