足かせは二刀流の大谷…だからエンゼルスGM選考は難航する

公開日: 更新日:

 エンゼルスの編成トップが遅々として決まらない。

 今季終了後に解任したビリー・エプラー前GMの後任として、エ軍はここまで14人もの候補者との面談を行った。地元紙LAタイムズ(電子版)によれば、他球団で編成や育成に実績のあるダン・ジェニングス(前マーリンズGM)、ビリー・オーウェンス(前アスレチックス副GM)らの経験者を中心に人選を進めているという。

 各球団ともGMや監督を決める際には、4~5人と面談して最終決定するのが一般的だ。今回のエ軍のように10人以上と接触を図るのは異例のことだ。

 2014年を最後にポストシーズンから遠ざかっているだけに、編成トップの人選に慎重になるのは当然のことではあるものの、一向に進展する気配がない。

 今オフのエンゼルスは課題が山積み。先発、リリーフとも崩壊状態で、リーグ13位のチーム防御率(5・09)に終わった投手陣再建に加えて、有望株と期待される若手が育たないマイナー組織の底上げなど、新GMの仕事は目白押しだ。潤沢な資金力で、積極的な補強に動けるだけに、GMにとっては願ってもない環境とはいえ、各候補者ともエ軍の編成トップへの就任には難色を示している。新GMの最有力候補とみられたデーブ・ドンブロウスキー氏(元レッドソックスGM)が、エンゼルスをソデにして早々とフィリーズと合意したのはエ軍再建は厳しいと判断したからだという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」