足かせは二刀流の大谷…だからエンゼルスGM選考は難航する

公開日: 更新日:

 エンゼルスの編成トップが遅々として決まらない。

 今季終了後に解任したビリー・エプラー前GMの後任として、エ軍はここまで14人もの候補者との面談を行った。地元紙LAタイムズ(電子版)によれば、他球団で編成や育成に実績のあるダン・ジェニングス(前マーリンズGM)、ビリー・オーウェンス(前アスレチックス副GM)らの経験者を中心に人選を進めているという。

 各球団ともGMや監督を決める際には、4~5人と面談して最終決定するのが一般的だ。今回のエ軍のように10人以上と接触を図るのは異例のことだ。

 2014年を最後にポストシーズンから遠ざかっているだけに、編成トップの人選に慎重になるのは当然のことではあるものの、一向に進展する気配がない。

 今オフのエンゼルスは課題が山積み。先発、リリーフとも崩壊状態で、リーグ13位のチーム防御率(5・09)に終わった投手陣再建に加えて、有望株と期待される若手が育たないマイナー組織の底上げなど、新GMの仕事は目白押しだ。潤沢な資金力で、積極的な補強に動けるだけに、GMにとっては願ってもない環境とはいえ、各候補者ともエ軍の編成トップへの就任には難色を示している。新GMの最有力候補とみられたデーブ・ドンブロウスキー氏(元レッドソックスGM)が、エンゼルスをソデにして早々とフィリーズと合意したのはエ軍再建は厳しいと判断したからだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る