大谷翔平の代名詞「160km右腕」変化したメジャーでの価値

公開日: 更新日:

 ドジャース対レイズのワールドシリーズを見て、「メジャーの投手はやっぱりスゴいなぁ」と感じたファンも多いのではないか。

 例えばドジャースが優勝を決めるまでの4、5、6戦で160キロ以上の速球を投げた投手は両チーム合わせて4人。レイズはフェアバンクスとグラスノー、ドジャースはグラテロール、メイが160キロをマークした。投手の160キロはいまや当然とまでは言わないが、珍しいことではなくなったのだ。

「投手の球速が速くなったのは、ここ2、3年でしょう」と、スポーツライターの友成那智氏がこう続ける。

「短いイニングを投げるリリーフはともかく、グラスノーやメイといった先発投手も160キロの速球を投げますからね。投手の球速が最近、急激にアップしたのは全米各地のトレーニング施設や有名な指導者の影響が大きい。基本的には体幹を鍛えるそうで、そういった施設や指導者のもとでトレーニングを積むと、2年くらいのうちに最低でも球速が3、4キロアップするといわれています。例えばダルビッシュは今季、速球の平均球速が154・8キロでした。ここ2、3年で球速が4キロほど上がったのもハードなトレーニングを積んだ成果でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る