【サーフィン】銀メダル五十嵐カノアは年収5億円の超セレブ! 稼ぎは「国内プロの10倍」

公開日: 更新日:

 初代王者の座は手にできなかった。

 27日、東京五輪のサーフィン男子、五十嵐カノア(23)が銀、女子の都筑有夢路(20)が銅メダルを獲得。今大会からの新種目で2人の日本人メダリストが誕生した。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 試合後、「今回の結果は目標に近かったけど、目標じゃなかった」と悔しさをにじませた五十嵐は米国カリフォルニア州出身。サーファーだった父・勉さんの影響で3歳からボードに乗る。6歳でアマチュア大会に初出場ながら初優勝を果たし、スポンサー11社と契約。現在、12歳から長期にわたり契約を続けるボードメーカー「QUIKSILVER」をはじめ、「Audi」「VISA」「資生堂」など大手企業とスポンサー契約を結んでいる。

 米大手総合情報サービス会社「ブルームバーグ」の昨年の報道によれば、2019年の収入は200万ドル(約2億2000万円)。東京五輪の日本代表になってからは国内の契約企業も増えた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • その他のアクセスランキング

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 4

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  5. 5

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  1. 6

    体操・杉原愛子が開発 性被害対策と実用性を兼ねた「新型ユニホーム」で業界に新風吹き込む

  2. 7

    バドミントン桃田賢斗が代表引退宣言 大人気を誇る東南アジアで「引っ張りだこアンバサダー」になる未来

  3. 8

    体操・杉原愛子は2大会連続五輪出場も「私はセンスや才能がある方じゃない」の真意

  4. 9

    陸上1500m田中希実が5連覇で五輪切符獲得 7位ドルーリーは肉体的課題で「パワフルさに欠ける走り」

  5. 10

    レジェンドが徹底解説!男子体操エース橋本大輝が抱える「唯一の懸念材料」と新星・岡慎之助の潜在能力とは

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差