「江戸っ子が惚れた忠臣蔵」菅野俊輔著

公開日:  更新日:

<赤穂事件の真相に迫る>

「忠臣蔵」のもととなった赤穂事件について書かれた江戸時代の史料を読み解きながら、その真相に迫る歴史読み物。

 事件の発端である松の廊下での刃傷騒動を目撃した留守居番の日記や、吉良上野介の傷の治療をした外科医の記録などから、事件のてんまつや切りつけた浅野内匠頭との関係を浮かび上がらせる。さらに、吉良邸の隣家の住人をはじめとする目撃者の証言から、大石内蔵助が率いる四十七士による吉良邸討ち入り当夜の様子を再現。

 事件後、約半世紀を経て上演された「仮名手本忠臣蔵」の生まれた背景、そして江戸っ子たちの赤穂事件に対する思いなどを明らかにしながら、忠臣蔵が愛される理由を考える。
(小学館 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る