「江戸っ子が惚れた忠臣蔵」菅野俊輔著

公開日: 更新日:

<赤穂事件の真相に迫る>

「忠臣蔵」のもととなった赤穂事件について書かれた江戸時代の史料を読み解きながら、その真相に迫る歴史読み物。

 事件の発端である松の廊下での刃傷騒動を目撃した留守居番の日記や、吉良上野介の傷の治療をした外科医の記録などから、事件のてんまつや切りつけた浅野内匠頭との関係を浮かび上がらせる。さらに、吉良邸の隣家の住人をはじめとする目撃者の証言から、大石内蔵助が率いる四十七士による吉良邸討ち入り当夜の様子を再現。

 事件後、約半世紀を経て上演された「仮名手本忠臣蔵」の生まれた背景、そして江戸っ子たちの赤穂事件に対する思いなどを明らかにしながら、忠臣蔵が愛される理由を考える。
(小学館 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る

人気キーワード