「治す!うつ病、最新治療」リーダーズノート編集部編

公開日:  更新日:

 日本では100万人にも及ぶうつ病患者。一方で、副作用が少なくない抗うつ薬の大量投与などが深刻化している。本書では、これらの問題に言及しながら、薬を必要としない最新の治療法を解説していく。

 アメリカでは4年以上の治療実績を持つのが、TMS(経頭蓋磁気刺激治療)である。専門の治療機器を用いて照射される磁気が、頭蓋骨を通り抜け、脳の神経回路を伝い、脳の背外側前頭前野という部位を37分間刺激するというものだ。アメリカでは1万人以上がTMSを受けており、大きな副作用は報告されておらず、約6割のうつ病患者に効果が見られているという。

 その他、光トポグラフィーや認知行動療法などについて、日本での治療実績を紹介する。
(リーダーズノート出版1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る