「父という病」岡田尊司著

公開日: 更新日:

■父の不在と母の過重

 父権的な社会において、父親は子供にとって畏怖すべき絶対的な存在であり、一家のリーダーであると同時に教育者であり精神的な支柱であった。しかし、社会の変化とともに父親不在が進行し、父親の存在感が低下する中、日本は「父親なき社会」の様相を呈しつつあると指摘。しかし、その役割の重要性が変わったわけではなく、父親がいても機能的に不在だという状況下で母親への負担が大きくなり過ぎているという。

 父親不在の空白を埋めようとする子供たちのケースを紹介しながら、父親の存在とはどういうものかを解き明かす。

 ベストセラー「母という病」の続編。
(ポプラ社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る

人気キーワード