「父という病」岡田尊司著

公開日:  更新日:

■父の不在と母の過重

 父権的な社会において、父親は子供にとって畏怖すべき絶対的な存在であり、一家のリーダーであると同時に教育者であり精神的な支柱であった。しかし、社会の変化とともに父親不在が進行し、父親の存在感が低下する中、日本は「父親なき社会」の様相を呈しつつあると指摘。しかし、その役割の重要性が変わったわけではなく、父親がいても機能的に不在だという状況下で母親への負担が大きくなり過ぎているという。

 父親不在の空白を埋めようとする子供たちのケースを紹介しながら、父親の存在とはどういうものかを解き明かす。

 ベストセラー「母という病」の続編。
(ポプラ社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る