• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「木足の猿」戸南浩平著

 明治9年、左足に木製の義足をつけた元武士の奥井隆之は、17年前から幼馴染みの水口修二郎を殺した矢島鉄之進を捜していた。

 そんな折、たまたま知り合った怪しげな男、山室玄蔵に声をかけられる。そのころ、異人が何者かに襲われて首を切られ、生首をさらされるという事件が続いていた。グレイというイギリス人法律家を斬った男が矢島だった。その矢島捜しを手伝えばグレイの義母から謝礼として10円もらえるのだ。

 義母の話では、グレイは5年前に上海で起きた殺人事件を調べていたという。

 武家社会が崩壊した後も友の敵を追い続ける男を描く、日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  7. 7

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る