「木足の猿」戸南浩平著

公開日:

 明治9年、左足に木製の義足をつけた元武士の奥井隆之は、17年前から幼馴染みの水口修二郎を殺した矢島鉄之進を捜していた。

 そんな折、たまたま知り合った怪しげな男、山室玄蔵に声をかけられる。そのころ、異人が何者かに襲われて首を切られ、生首をさらされるという事件が続いていた。グレイというイギリス人法律家を斬った男が矢島だった。その矢島捜しを手伝えばグレイの義母から謝礼として10円もらえるのだ。

 義母の話では、グレイは5年前に上海で起きた殺人事件を調べていたという。

 武家社会が崩壊した後も友の敵を追い続ける男を描く、日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る