「成功者K」羽田圭介著

公開日: 更新日:

 主人公は、小説家デビューして12年目に芥川賞を受賞した小説家K。ヘビーメタル限定カラオケ大会でメークをして歌っていたところに受賞の知らせが届き、そのメーク姿は一瞬にしてSNSで拡散された。

 その後、このメーク姿が面白がられてテレビのバラエティー番組に出演したのを契機に放映日から世界が一変。通りがかりの知らない人にあいさつされ、本を読んだこともなさそうな人からも声をかけられて、外出時には帽子やマスクが必須になった。次々出演依頼が舞い込むうち、本は売れに売れて数万部単位で増刷が決まる。それ以上に変化したのが女性関係で、サイン会で目をつけた美女に声をかけ次々関係を持つことに慣れていく。果たして、有名人生活を満喫し始めたKの運命は……。

 テレビへの露出で人生を一変させた小説家を描いた話題作。著者の体験をベースにした私小説風でもあり、あり得ないほどあけすけに描くことで物語に真実を紛れ込ませたフィクション風でもあり、読者を戸惑わせるギリギリの設定が心憎い。有名人をつくるテレビの力と、それに翻弄される人間の姿に考えさせられる。(河出書房新社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る