「素敵な日本人――東野圭吾短編集」東野圭吾著

公開日:

 近所の神社に初詣に出かけた夫妻が下着姿の町長を発見。すぐに警察に通報するが、なんともいい加減な対応の揚げ句、強引に犯人を仕立て上げようと夫妻に偽証を強要する。業を煮やした夫妻が、警察の見落としていたある事実を指摘する……というユーモアミステリー風味の「正月の決意」から始まる、全9編が収められた短編集。

 2作目の「十年目のバレンタインデー」は、10年前に突然姿を消した元カノから連絡を受け、いそいそと出かけていくミステリー作家を待ち受けていた衝撃の事実が明かされるという、変則的なリーガルサスペンス仕立て。続く「今夜は一人で雛祭り」は、地方の格式のある名家へ嫁いでいく一人娘の行く末を心配する父親の心情を描きながら、亡き妻が残した雛祭りの謎を解いていくという日常ミステリー。その他、近未来ミステリー(「レンタルベビー」)、本格ミステリー(「クリスマスミステリ」)といったさまざまな趣向が、季節の風物を織り込みながら描かれていく。

 円熟した味わいを堪能できる最新短編集。(光文社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る