• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「素敵な日本人――東野圭吾短編集」東野圭吾著

 近所の神社に初詣に出かけた夫妻が下着姿の町長を発見。すぐに警察に通報するが、なんともいい加減な対応の揚げ句、強引に犯人を仕立て上げようと夫妻に偽証を強要する。業を煮やした夫妻が、警察の見落としていたある事実を指摘する……というユーモアミステリー風味の「正月の決意」から始まる、全9編が収められた短編集。

 2作目の「十年目のバレンタインデー」は、10年前に突然姿を消した元カノから連絡を受け、いそいそと出かけていくミステリー作家を待ち受けていた衝撃の事実が明かされるという、変則的なリーガルサスペンス仕立て。続く「今夜は一人で雛祭り」は、地方の格式のある名家へ嫁いでいく一人娘の行く末を心配する父親の心情を描きながら、亡き妻が残した雛祭りの謎を解いていくという日常ミステリー。その他、近未来ミステリー(「レンタルベビー」)、本格ミステリー(「クリスマスミステリ」)といったさまざまな趣向が、季節の風物を織り込みながら描かれていく。

 円熟した味わいを堪能できる最新短編集。(光文社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る