• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「素敵な日本人――東野圭吾短編集」東野圭吾著

 近所の神社に初詣に出かけた夫妻が下着姿の町長を発見。すぐに警察に通報するが、なんともいい加減な対応の揚げ句、強引に犯人を仕立て上げようと夫妻に偽証を強要する。業を煮やした夫妻が、警察の見落としていたある事実を指摘する……というユーモアミステリー風味の「正月の決意」から始まる、全9編が収められた短編集。

 2作目の「十年目のバレンタインデー」は、10年前に突然姿を消した元カノから連絡を受け、いそいそと出かけていくミステリー作家を待ち受けていた衝撃の事実が明かされるという、変則的なリーガルサスペンス仕立て。続く「今夜は一人で雛祭り」は、地方の格式のある名家へ嫁いでいく一人娘の行く末を心配する父親の心情を描きながら、亡き妻が残した雛祭りの謎を解いていくという日常ミステリー。その他、近未来ミステリー(「レンタルベビー」)、本格ミステリー(「クリスマスミステリ」)といったさまざまな趣向が、季節の風物を織り込みながら描かれていく。

 円熟した味わいを堪能できる最新短編集。(光文社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る