「果鋭」黒川博行著

公開日:

 事は一本の電話から始まった。

「堀やん? わしや。飯でも食お。出て来いや」

 声の主は伊達誠一。着信音で起こされたのは堀内信也。2人はかつて大阪府警の刑事としてコンビを組んでいた。しかし、それぞれに不祥事を起こして警察を退職。シノギを求めて不動産業界に転じた。その後、堀内は暴力団ともめて刺され、辛くも一命を取り留めたが、シノギも女も失った。おまけに左足に障害が残り、杖が手放せなくなって、全てに投げやりになっていた。

 伊達はそんな元相棒を呼び出し、うなぎ屋でもうけ話を持ち掛ける。知り合いのパチンコホールのオーナーが脅迫されているという。背後には元店長がからむ機械の不正操作があるようだ。

 堀やん、誠やんの元刑事コンビが体を張ってパチンコ業界の闇に挑むピカレスクロマン。2人が動くたびに、腐った業界の裏が見えてくる。業界団体、暴力団、警察までがからみ、私腹を肥やそうとする輩がうごめく。

 生きる意欲をなくしていた堀内の血が再び湧き立ち、鉄筋を仕込んだ杖を振るって、襲い来る相手をたたきのめす。血を流してもひるまない。大いに食べ、飲み、打つ。ワルでタフな2人の生きざまが痛快。(幻冬舎 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る