「遠く海より来たりし者」暖あやこ著

公開日:

 製薬会社の広報で社内報を担当していた外村薫は、できたばかりの社史編纂室に異動を命じられる。入社3年目の頼りない後輩、町田康と2人で、創立100周年を迎える社の資料を片っ端から集め始めるが、戦後間もなくから約20年間の資料が著しく乏しい。不可解な空白を埋めるべく、地方支社の小さな資料館を訪れた2人は、ガラクタの山の中から、ある女性の手記を見つけ出す。そこに記されていたのは、瀬戸内海の孤島に隠された驚愕の真実だった。

 前作「恐竜ギフト」で登場した新生の科学ファンタジーノベル。

 そこは地図にも載っていない島。半世紀前、運命に導かれるように島にたどり着いた女性は、誰にも言えない秘密を抱えていた。ロングスカートの下に隠した「それ」は、伸び続けている。この異変の手がかりがこの島にある。

 古代生物「カブトガニ」の「青い血」の力に魅せられた科学者と、島民を厳重な管理下に置いて大規模な人体実験を続ける製薬会社。より長い命と幸せを貪欲に求め続ける人間を罰するように、異形の子供が現れる。だが、物語は人間のおぞましさを断罪することで終わらず、二転三転。複雑な人間関係の謎が解かれ、読後にはぬくもりさえ残る。(新潮社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る