「カラダはすごい!」久坂部羊著

公開日:  更新日:

 現役医師で、人気作家の著者が、人体の仕組みについてつづった面白医学エッセー。

 医学は、時代とともに変化するので、あまり信用しない方がいいと断言。原因不明の発熱と発疹で死んだモーツァルトは、静脈を切って血を抜く「瀉血」の治療を受けたという。現代医学からみれば首をかしげてしまうが、脱水時以外であまり効果がない現代の「点滴」も未来の人には同様に見えるだろうという。 その他、健康診断によって逆に短命になる可能性や、利尿作用のないアルコールでトイレが近くなる理由など、身近な話題でウソがいっぱいの医学の不思議を紹介。その上で、呼吸器系から生殖器官まで、人体の各パーツの構造や機能をエピソードたっぷりに解説してくれる。(扶桑社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る