「生きる職場」武藤北斗著

公開日: 更新日:

 著者の経営する会社はパプアニューギニアから天然エビを輸入し加工している。その工場ではパート従業員の出勤日や出・退勤時間は自由だ。子育て真っ最中の母親が多いため、それぞれの生活にあった働き方をしている。パートの入れ替わりがなくなり商品の品質も上昇し、人件費も削減できた。

 著者が居心地のいい職場の重要さに気づいたきっかけは東日本大震災だった。津波で破壊された父の工場を再建したが、工場長になったとき、それまで工場に足を向けない営業マンだった自分がパートにまったく信用されていないことに気づいた。

 人を縛り、管理する会社からの脱却を目指した一人の経営者の挑戦ドキュメント。(イースト・プレス 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  2. 2

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  3. 3

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  4. 4

    石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

  5. 5

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  8. 8

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  9. 9

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  10. 10

    次は“一発KO”…西村経済再生相は週刊誌で次々と醜聞報道が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る