「生きる職場」武藤北斗著

公開日:

 著者の経営する会社はパプアニューギニアから天然エビを輸入し加工している。その工場ではパート従業員の出勤日や出・退勤時間は自由だ。子育て真っ最中の母親が多いため、それぞれの生活にあった働き方をしている。パートの入れ替わりがなくなり商品の品質も上昇し、人件費も削減できた。

 著者が居心地のいい職場の重要さに気づいたきっかけは東日本大震災だった。津波で破壊された父の工場を再建したが、工場長になったとき、それまで工場に足を向けない営業マンだった自分がパートにまったく信用されていないことに気づいた。

 人を縛り、管理する会社からの脱却を目指した一人の経営者の挑戦ドキュメント。(イースト・プレス 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る