「生きる職場」武藤北斗著

公開日: 更新日:

 著者の経営する会社はパプアニューギニアから天然エビを輸入し加工している。その工場ではパート従業員の出勤日や出・退勤時間は自由だ。子育て真っ最中の母親が多いため、それぞれの生活にあった働き方をしている。パートの入れ替わりがなくなり商品の品質も上昇し、人件費も削減できた。

 著者が居心地のいい職場の重要さに気づいたきっかけは東日本大震災だった。津波で破壊された父の工場を再建したが、工場長になったとき、それまで工場に足を向けない営業マンだった自分がパートにまったく信用されていないことに気づいた。

 人を縛り、管理する会社からの脱却を目指した一人の経営者の挑戦ドキュメント。(イースト・プレス 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る

人気キーワード