「さらさら流る」柚木麻子著

公開日:

 大手コーヒーチェーンの広報部に勤める28歳の井出菫は、ある日、いかがわしいサイトに自分のヌード写真がアップされていることを偶然に知る。それは、大学生の頃、恋人の光晴に請われて撮影を許したものだった。光晴とは6年前に菫が振る形で別れた。光晴の底知れぬ不安定さについていけなくなったのだ。

 犯人は、光晴なのか――。

 一方、事情を知った菫の親友で美術教師の百合、菫の父親は光晴に接触。光晴は写真をネットにあげた覚えはないと言い張るが、次第に自信がなくなり自分で調査を始める。

 暗渠を2人で歩いたこと、光晴の複雑な家庭環境……。一人称で語られる菫と光晴それぞれの思い出と現在が入り交じり、物語は進んでいく。

 傷ついた女性と傷つけた男性に訪れる結末が秀逸な長編小説。

 (双葉社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る