「『系図』を知ると日本史の謎が解ける」八幡和郎著

公開日: 更新日:

 祖先からのDNAの流れや諸家のつながりを示す「系図」を読み解くことによって、日本史の真相に迫る歴史読み物。

 まずは室町時代の足利幕府が権勢を振るうことができたのはなぜかを、系図から探る。古代から帝位に就く可能性の遠くなった王子が、皇族の身分を離れて姓を賜る習慣があり、平安時代には源平のいずれかの姓が用いられた。源姓では、清和天皇の王子から出た清和源氏が有名で源頼朝などのそうそうたる武家が名を連ねる。その清和源氏の中でも日本史で最も重要な一族が河内源氏で、足利氏はその河内源氏の流れをくむ家系なのだという。

 その他、平清盛の子孫であることを意識していたという織田信長など、歴史の登場人物たちの系図をたどる。

(青春出版社 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る