「『系図』を知ると日本史の謎が解ける」八幡和郎著

公開日:  更新日:

 祖先からのDNAの流れや諸家のつながりを示す「系図」を読み解くことによって、日本史の真相に迫る歴史読み物。

 まずは室町時代の足利幕府が権勢を振るうことができたのはなぜかを、系図から探る。古代から帝位に就く可能性の遠くなった王子が、皇族の身分を離れて姓を賜る習慣があり、平安時代には源平のいずれかの姓が用いられた。源姓では、清和天皇の王子から出た清和源氏が有名で源頼朝などのそうそうたる武家が名を連ねる。その清和源氏の中でも日本史で最も重要な一族が河内源氏で、足利氏はその河内源氏の流れをくむ家系なのだという。

 その他、平清盛の子孫であることを意識していたという織田信長など、歴史の登場人物たちの系図をたどる。

(青春出版社 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る