「『系図』を知ると日本史の謎が解ける」八幡和郎著

公開日:  更新日:

 祖先からのDNAの流れや諸家のつながりを示す「系図」を読み解くことによって、日本史の真相に迫る歴史読み物。

 まずは室町時代の足利幕府が権勢を振るうことができたのはなぜかを、系図から探る。古代から帝位に就く可能性の遠くなった王子が、皇族の身分を離れて姓を賜る習慣があり、平安時代には源平のいずれかの姓が用いられた。源姓では、清和天皇の王子から出た清和源氏が有名で源頼朝などのそうそうたる武家が名を連ねる。その清和源氏の中でも日本史で最も重要な一族が河内源氏で、足利氏はその河内源氏の流れをくむ家系なのだという。

 その他、平清盛の子孫であることを意識していたという織田信長など、歴史の登場人物たちの系図をたどる。

(青春出版社 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る