• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「データ栄養学のすすめ」佐々木敏著

「食事と健康」についての情報が氾濫している。あまりの多さに、本当に正しいことは何か? 迷う人も多いはず。いまは専門分野でない人が栄養に関する論文の一部だけを切り取って、もっともらしく語るケースがあるからだ。そんな人におススメなのがこの一冊。

 著者はデータ栄養学の提唱者で厚労省の「日本人の食事摂取基準」の取りまとめに中心的役割を果たした東大教授。

「1日の野菜摂取量350グラム」「夏バテに豚しゃぶサラダ」「野菜先食べ」「卵は心筋梗塞を増やすのか」「お米は危ないのか」など、体に良いと思い込んで取り組んでいる健康常識について、根拠を示しつつウソと真実を教えてくれる。(女子栄養大学出版部 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る