「データ栄養学のすすめ」佐々木敏著

公開日:  更新日:

「食事と健康」についての情報が氾濫している。あまりの多さに、本当に正しいことは何か? 迷う人も多いはず。いまは専門分野でない人が栄養に関する論文の一部だけを切り取って、もっともらしく語るケースがあるからだ。そんな人におススメなのがこの一冊。

 著者はデータ栄養学の提唱者で厚労省の「日本人の食事摂取基準」の取りまとめに中心的役割を果たした東大教授。

「1日の野菜摂取量350グラム」「夏バテに豚しゃぶサラダ」「野菜先食べ」「卵は心筋梗塞を増やすのか」「お米は危ないのか」など、体に良いと思い込んで取り組んでいる健康常識について、根拠を示しつつウソと真実を教えてくれる。(女子栄養大学出版部 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  6. 6

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る