「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」古谷彰子著 柴田重信監修

公開日: 更新日:

 時差ボケを解消するポイントに、食事のタイミングがあることをご存じだろうか。

 体の中で一日のリズムを刻む体内時計は、10時間ほどの絶食の後で食事を取ると、たとえ夜でも「朝が来た」と認識し、それまでのリズムをリセットして一日のスタートを切るよう体内の機能を働かせるのだという。

 そして、体内時計を動かしてリセットさせるのに役立つ食材が、インスリンの出やすい穀類のでんぷん。一方、肉や野菜などインスリンの出ない食材では、体内時計が動きにくいそうだ。

 このような時間栄養学について解説する本書は、“何を食べるか・食べないか”ではなくて、“いつ食べるか”という視点から、肥満解消や病気予防に役立つ食事法を伝授していく。

(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1400円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る