「なぜ、『おなかをすかせる』と病気にならないのか?」石原結實著

公開日: 更新日:

 健康のためには朝食をしっかりと食べるのがよい――。西洋医学や栄養学では、こうした考え方が一般的だ。しかし、ライフスタイルが多様化した現代、夕食の時間が遅くて朝になっても胃腸に食物が残っていたり、睡眠時間が短くて起床しても胃腸が働かない場合もある。

 こんなとき、無理に朝食を取ると消化しきれない食物が体に悪影響を与えると著者は言う。血液中に糖や脂肪などの成分が過剰になったり、老廃物が増加する「お血」の状態を招き、生活習慣病からがんに至るまで、さまざまな病気のリスクを高めるのだという。

 これを防ぐには、1日1度“空腹”の状態をつくるのがよい。著者が勧める「朝だけ断食」や、朝食代わりの生ジュースの作り方なども紹介する。

(プレジデント社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る