「なぜ、『おなかをすかせる』と病気にならないのか?」石原結實著

公開日:  更新日:

 健康のためには朝食をしっかりと食べるのがよい――。西洋医学や栄養学では、こうした考え方が一般的だ。しかし、ライフスタイルが多様化した現代、夕食の時間が遅くて朝になっても胃腸に食物が残っていたり、睡眠時間が短くて起床しても胃腸が働かない場合もある。

 こんなとき、無理に朝食を取ると消化しきれない食物が体に悪影響を与えると著者は言う。血液中に糖や脂肪などの成分が過剰になったり、老廃物が増加する「お血」の状態を招き、生活習慣病からがんに至るまで、さまざまな病気のリスクを高めるのだという。

 これを防ぐには、1日1度“空腹”の状態をつくるのがよい。著者が勧める「朝だけ断食」や、朝食代わりの生ジュースの作り方なども紹介する。

(プレジデント社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る