「なぜ、『おなかをすかせる』と病気にならないのか?」石原結實著

公開日: 更新日:

 健康のためには朝食をしっかりと食べるのがよい――。西洋医学や栄養学では、こうした考え方が一般的だ。しかし、ライフスタイルが多様化した現代、夕食の時間が遅くて朝になっても胃腸に食物が残っていたり、睡眠時間が短くて起床しても胃腸が働かない場合もある。

 こんなとき、無理に朝食を取ると消化しきれない食物が体に悪影響を与えると著者は言う。血液中に糖や脂肪などの成分が過剰になったり、老廃物が増加する「お血」の状態を招き、生活習慣病からがんに至るまで、さまざまな病気のリスクを高めるのだという。

 これを防ぐには、1日1度“空腹”の状態をつくるのがよい。著者が勧める「朝だけ断食」や、朝食代わりの生ジュースの作り方なども紹介する。

(プレジデント社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る

人気キーワード