「都心集中の真実」三浦展著

公開日:

 人口が減少に転じる中、東京23区内だけは増え続け、ある推計ではその傾向は2035年まで続くという。23区内の人口はこれまで何度か増減を繰り返してきたが、00年以降は伸びが大きく、史上最大を更新し続けている。本書は、データを町丁別に検証しながら、その人口集中の背景と課題を解説したリポート。

 85年を起点にすると、2017年までに日本人が67万人増えたのに対し、外国人は29万人増加しており、増加に外国人が貢献していることが分かる。若い世代に限ると、新宿区百人町1、2丁目などは25~34歳の人口の5割以上が外国人だという。

 その他、区別の所得格差や、未婚女性が増加した区、出生率などさまざまな視点から都心集中の実態を分析する。

 (筑摩書房 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る