「都心集中の真実」三浦展著

公開日:

 人口が減少に転じる中、東京23区内だけは増え続け、ある推計ではその傾向は2035年まで続くという。23区内の人口はこれまで何度か増減を繰り返してきたが、00年以降は伸びが大きく、史上最大を更新し続けている。本書は、データを町丁別に検証しながら、その人口集中の背景と課題を解説したリポート。

 85年を起点にすると、2017年までに日本人が67万人増えたのに対し、外国人は29万人増加しており、増加に外国人が貢献していることが分かる。若い世代に限ると、新宿区百人町1、2丁目などは25~34歳の人口の5割以上が外国人だという。

 その他、区別の所得格差や、未婚女性が増加した区、出生率などさまざまな視点から都心集中の実態を分析する。

 (筑摩書房 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る