• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「都心集中の真実」三浦展著

 人口が減少に転じる中、東京23区内だけは増え続け、ある推計ではその傾向は2035年まで続くという。23区内の人口はこれまで何度か増減を繰り返してきたが、00年以降は伸びが大きく、史上最大を更新し続けている。本書は、データを町丁別に検証しながら、その人口集中の背景と課題を解説したリポート。

 85年を起点にすると、2017年までに日本人が67万人増えたのに対し、外国人は29万人増加しており、増加に外国人が貢献していることが分かる。若い世代に限ると、新宿区百人町1、2丁目などは25~34歳の人口の5割以上が外国人だという。

 その他、区別の所得格差や、未婚女性が増加した区、出生率などさまざまな視点から都心集中の実態を分析する。

 (筑摩書房 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  4. 4

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  9. 9

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る