「東京2025ポスト五輪の都市戦略」市川宏雄、森記念財団都市戦略研究所著

公開日:  更新日:

 5年後のオリンピックに向けて、東京都心部で活発化している開発プロジェクトは2025年までにその多くが竣工を迎える。本書は、世界一を目指す東京の都市戦略の方向性を示すテキスト。

 東京への一極集中の是正は、地方創生の大きな論題でもある。しかし、東京か地方かという対立の構図では問題の本質を見落としてしまうと指摘。27年開業のリニア中央新幹線を視野に、東京を中心にした都市圏の未来を概観。さらに各指標を基にした東京の都市力の分析や、20兆円の経済効果が期待できる五輪後に失速しないためのポイント、そしてライバル都市の動向など、さまざまな論点から東京がよりパワーアップするためには何が必要かを提示する。

(東洋経済新報社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る