「東京2025ポスト五輪の都市戦略」市川宏雄、森記念財団都市戦略研究所著

公開日:  更新日:

 5年後のオリンピックに向けて、東京都心部で活発化している開発プロジェクトは2025年までにその多くが竣工を迎える。本書は、世界一を目指す東京の都市戦略の方向性を示すテキスト。

 東京への一極集中の是正は、地方創生の大きな論題でもある。しかし、東京か地方かという対立の構図では問題の本質を見落としてしまうと指摘。27年開業のリニア中央新幹線を視野に、東京を中心にした都市圏の未来を概観。さらに各指標を基にした東京の都市力の分析や、20兆円の経済効果が期待できる五輪後に失速しないためのポイント、そしてライバル都市の動向など、さまざまな論点から東京がよりパワーアップするためには何が必要かを提示する。

(東洋経済新報社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る