• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「都心の小さな家・マンションに住み替える」sumica著、豊田眞弓監修

 上手さん夫婦は新浦安の88平方メートル・2LDKのマンションから銀座近くの46平方メートル・1LDKマンションに引っ越した。夫は会社員時代、昼食を食べに外出したとき、近くのマンションのベランダでビールを飲んでいる人を見て、都心で暮らしたら自宅で昼食を食べて職場に戻ることも可能だと思った。夫婦の住まい決定の優先順位は①立地②駅近③眺望で、現在の住まいはあまりにも狭い! と思ったが、眺望を優先して決めた。

 ほかに、「子ども中心」の住まいから「自分の嗜好に合った空間」をと、一戸建てから中古マンションに引っ越した瑞穂さんら、生活をダウンサイジングした6つの実例と住み替えのメリットを紹介する。(ダイヤモンド社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る