「都心の小さな家・マンションに住み替える」sumica著、豊田眞弓監修

公開日:  更新日:

 上手さん夫婦は新浦安の88平方メートル・2LDKのマンションから銀座近くの46平方メートル・1LDKマンションに引っ越した。夫は会社員時代、昼食を食べに外出したとき、近くのマンションのベランダでビールを飲んでいる人を見て、都心で暮らしたら自宅で昼食を食べて職場に戻ることも可能だと思った。夫婦の住まい決定の優先順位は①立地②駅近③眺望で、現在の住まいはあまりにも狭い! と思ったが、眺望を優先して決めた。

 ほかに、「子ども中心」の住まいから「自分の嗜好に合った空間」をと、一戸建てから中古マンションに引っ越した瑞穂さんら、生活をダウンサイジングした6つの実例と住み替えのメリットを紹介する。(ダイヤモンド社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る